役員退職金の効果的な準備方法

役員退職金の効果的な準備方法は損金で積み立てることです。

オーナー社長様に相応しい退職金を取ってください

オーナー社長に相応しい退職金を取るべきです。少なくとも上場企業の社員の倍以上は取ってください。しかし、中小企業のオーナー社長の実際はというと、退職金を取らない(取れない)とい方が多いと思います。早めに準備しませんか。 これから、退職金の準備のポイントと方法についてお伝えします。なるほど、と思ったらお気軽にご相談ください。

退職金は税務上優遇されています。

役員退職金は所得税法上最も優遇されています。

 

役員退職金には①大きな退職所得控除額があり、②2分の1課税で、③分離課税といった特典があります。 つまり、退職所得=(退職金-退職所得控除額)×50%です。

 

(参考)

 ○退職所得控除額勤続年数20年以下:勤続年数×40万円

 勤続年数20年超:800万円+(勤続年数-20年)×70万円

 

たとえば、在任年数30年、退職金5,000万円の場合ならば、退職所得控除額は1,500万円になりますので、課税対象となる退職所得は、1,750万円になります。

 

これに対する所得税・住民税は約600万円ですので、手取り額は約4,400万円になります。

 

社長さんが5,000万円の役員退職金を取得すれば、適正額である限り、法人税法上、損金になりますし、手許には約4,400万円が残ります。

 

 役員退職金の使い道は自由ですが、仮に、この4,400万円を会社に貸し付ければ、会社の財務力の強化になるのです。

 

なぜなら、仮に、5,000万円の退職金を取得しなければ、この部分は会社の利益として課税されますので、税後約3,000万円しか残りません。

 

しかし、退職金として取得し会社に貸し付ければ、会社に4,400万円が残るからです。 ですから、退職するときは絶対、役員退職金を取得すべきなのです。

 

なお、税務上、一定の条件を満たせば、完全にリタイアしなくても役員退職金を取得できますので、上手く利用したいものです。

 

社長さんが役員退職金の原資を積立できない理由

 

その答えは利益の構造と法人税のしくみにあります。

 image06.gif

 

利益の大半は現金以外の在庫や売掛金などです。それにもかかわらず、税金はこの利益全体を対象とし、現金納付ですので、会社にほとんど現金は残りません。

 

役員退職金の原資として、社外に現預金を固定化する余裕などありません。 しかし、会社の損金で積立ができたらどうでしょうか。 節税しながら積立ができますので、積立の実質負担は軽減されます。

 

社長さんが大きな役員退職金を取得できない理由

 

計算上、役員退職金が1億円取得できるとしても、その時利益状況が悪ければ、実際問題、資金があっても赤字にしてまで役員退職金は取得できません。

 

後継者(息子、婿)に大きな赤字の状態で会社を引き継ぐのは心理的にもできません。逆に、利益があっても資金がなければ、退職金は取得できません。

 

つまり、大きな役員退職金の取得のためには、資金と利益の両方を計画的に準備することが重要です。それには、役員退職金を損金で積み立てるのが効果的です。

 

 

役員退職金を損金で準備する方法

ずばり生命保険を活用するのが効果的です。

 

なぜなら、1年分の支払保険料が決算直前でも損金化でき、その時点では課税されない含み資産としてバランスシートの外に蓄えることができるからです。

 

この含み資産の使い道は限定されていません。将来の資金繰りや赤字の補てんなどに活用できる他、最終的には退職金の原資として活用すれば、会社の資金繰りや損益に影響を与えずに社長様に相応しい退職金を取ることができます。

 

この方法で経営の危機を乗り越えた社長様、億単位の退職金を手にした創業経営者を複数知っています。

 

一方、何の準備をしなかったために、老後の生活の柱である退職金を取ることができないため、会社を辞めるに辞められない社長様も多く見てきました。

 

大きな額の(満足のいく)退職金を取るためには、早めにコツコツ貯めることがポイントです。

 

そうすれば、年間の支払保険料も少なくて済みます。

 

支払い保険料は損金化できるわけですから、節税効果もあるので、実質的な保険料の負担も損金化できない支出に比べ軽減できます。

 

以上の観点から保険の活用をお勧めします。

 

 

ところで、生命保険といっても様々な種類があります。

 

支払保険料が損金になるもの、ならないもの、貯蓄性がないもの、あるもの。 

 

数えきれないほどの保険商品の中から社長さんが選ぶのは相当困難ですし、このようなことに時間を割くべきではありません。

 

弊社にご相談いただければ、複数の保険会社の商品の中から中立・公平な立場でもっとも効果的な組み合わせをアドバイスしていますのでお気軽にご相談ください。

 

まずは、今スグお問合わせください。 

 

T&Rコンサルティング有限会社

問合せ (お気軽に)

お問合わせフォームをご利用ください。

 

業務内容

役員退職金準備の提案、節税アイデアの提供、年金、相続、 保険など会社や個人のお金全般についてのアドバイス。

 

顧問料

月額1万円~。

個別の相談は初回無料です。出張します。 

 

対象地域

首都圏近郊:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県 、(大阪)

 

 

お気軽にご相談ください