無料レポート

無料レポート差し上げます!

作成中です。もうしばらくお待ちください。予約も承っています。 レポート名明記の上、お気軽にお申込みください。

また、すぐに内容を知りたい方には、出張サービス(無料)があります。貴社にお伺いしてご案内します。お気軽にご相談ください。フットワークの良さと分かりやすい説明には自信があります。

 

■決算直前対策と含み資産形成(作成中)

決算直前の支払いでも損金化でき、含み資産(簿外資産)を形成する方法を解説します。活用次第で、自社株の評価減、将来の益出し、資金調達、役員の退職金の準備として活用できます。

■会社の資金を個人に移管する方法(作成中)

半分損金で積み立てながら、会社のお金を少ない個人負担で個人に移管する方法を解説します。この方法により退職金は取りたいが退職できない社長さんの悩みを解決します。

■社長のライフプランはなぜ必要か(作成中)

オーナー社長のライフプランは会社員のライフプランとは異なった観点が必要です。ひとつ例をあげれば、会社の資産と個人の資産を一体として考えるという点です。

■選択型確定拠出年金で社会保険料を削減する方法(作成中)

社会保険料の負担は中小企業にとって死活問題です。選択型確定拠出年金を導入することにより社員の老後資金の自助努力の支援と社会保険料削減が可能になります。全員加入の必要がなく、会社の掛金の負担もない新しい確定拠出年金のご提案です。

■FPレポート

40歳定年制の内容
国家戦略フロンティア分科会の報告書(7月6日)に「40歳定年制」が提言されています。この言葉だけが独り歩きしている感があります。内容について確認しましょう。
FPレター(2012.05).pdf
PDFファイル 153.0 KB
平成25年分より所得税が増税されます。対策の検討を!
平成24 年3月31 日付で租税特別措置法等の一部を改正する法律(平成24 年法律第16号)が公布されました。
経営者にとり重要な改正点は2点あります。ひとつは、給与所得控除額に関する改正、もうひとつは役員の退職手当に関する改正です。そこで今回は改正の概要と経営者の所得税増税対策についてまとめました。
FPレター(2012.07).pdf
PDFファイル 177.6 KB
トラブルを未然に防ぐ不況期の雇用対策の手順
サブプライムローン問題以降、世界的に急速に景気が冷え込んでいます。多くの企業では、企業業績も急速に悪化し、雇用維持も難しい状況にあります。雇用環境の悪化も深刻化し、社員からの雇止めの無効や不当解雇の主張などトラブルが増加しています。このような状況を考えると雇用対策は従来以上に慎重な対応が求められています。そこで、今回は雇用対策の留意点についてポイントをお伝えします。
FPレター(2012.06).pdf
PDFファイル 195.4 KB
どの得意先に営業力を注ぐのが効果的か
経営環境が厳しい中、余剰人員を抱える体力のある企業は多くありません。従来よりも少ない人員で仕事を回していかなければなりません。これからは営業パーソンも営業力だけではなく財務の知識もなければ生き残れない時代になってきました。
FPレター(2012.05).pdf
PDFファイル 153.0 KB
法人契約の終身がん保険の保険料に係る改正案
法人契約の終身がん保険の保険料の損金処理が全額から2分の1になります。
FPレター(2012.03).pdf
PDFファイル 135.3 KB
平成24年度税制改正大綱を読む
改正案に盛り込まれた内容から所得税、贈与税、相続税関連の中からピックアップしてご案内します。国会審議の動向によっては、税制改正の内容が下記と異なる場合もありますので、ご留意願います。
FPレター(2012.02).pdf
PDFファイル 155.9 KB

T&Rコンサルティング有限会社

問合せ (お気軽に)

お問合わせフォームをご利用ください。

 

業務内容

役員退職金準備の提案、節税アイデアの提供、年金、相続、 保険など会社や個人のお金全般についてのアドバイス。

 

顧問料

月額1万円~。

個別の相談は初回無料です。出張します。 

 

対象地域

首都圏近郊:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県 、(大阪)

 

 

お気軽にご相談ください