社長のライフプラン

会社にお金が残らない理由

 

中小零細企業の社長にとって、「稼ぐこと」と同じくらい稼いだ利益を「残すこと」が重要です。それにもかかわらず、社長の多くは「稼ぐこと」に意識がいき、「残す」ことには無頓着な印象を受けます。利益を獲得しても大部分が税金として社外流出しますので、意外とお金は残りません。残らないならまだしも、利益の中身は現預金だけではありませんので、借入して納税している場合もあります。この法人税のしくみにより会社にお金が残りにくいのです。

 

社長にお金が残らない理由

 

特に創業まもない会社の社長は、会社を強くするために内部留保を厚くしようと、役員報酬を多くとらない場合があります。内部留保を厚くするためには利益を多く計上しなければなりません。その分税金も多くなります。これでは、会社のお金も社長のお金も残りません。オーナー会社にとり「会社の財布」と「社長の財布」は表裏一体の関係にあります。法人と個人では税率が違います。「会社の財布」と「社長の財布」が最大化するような戦略を立てることが重要です。創業10年以内は、会社の利益はそこそこにし、役員報酬を多くし、社長個人の財布を厚くすべきです。なぜなら、会社の危機に頼りになるのは社長の財産だからです。

 

ライフプラン作成の必要性

 

社長の財布が充実しても、目標がなければ、お金を無駄づかいしてしまいます。お金を残すためには家族全体のライフプラン作成が必要です。

人生の3大資金は、一般的に教育資金、住宅資金、老後資金です。それに加えて社長の場合は、会社への投資資金が必要になります。なぜなら、会社の危機に頼りになるのは社長の財産だからです。また、3大資金も社長特有の意味合いがあります。

 

教育資金

 

専門知識や語学の習得など後継者としてふさわしい教育を受けさせる必要があります。

 

★教育資金専用ホームページ  http://shingaku.jimdo.com/

 

住宅資金

 

「購入」か「賃貸」がどっちが得かは一概に言えません。しかし、社長の場合は不動産が融資を受ける時の担保になります。また、不動産を会社に貸し付けることにより、家賃という安定収入を得ることも可能になります。

 

★ 無料借り換え診断します。
『スターワン住宅ローン無料借り換え診断』を利用して、現在契約しているあなたの住宅ローンを、預金連動型住宅ローンに借り換えることで、いくら利息を軽減できるか無料で診断します。お気軽にお問合わせください。

 

老後資金

 

ゆとりのある生活を送るためには公的年金だけでは不足します。勇退時退職金の財源準備が極めて大切です。退職金は所得税法上もっとも優遇されていますし、数千万円の退職金が損金計上できます。退職金の財源の準備としては生命保険の活用が効果的です。

 

★民間介護保険専用ホームページ http://kaigo-fp.jimdo.com/

 

投資資金

 

会社を最後に救うのは社長の個人財産です。意識して貯蓄することが必要です。

 

社長の家族の幸せあっての会社経営です。まずは、社長の財布を充実させることが必要ではないでしょうか。ただ、無目的にお金を貯めても意味がありません。ライフプランを作成しましょう。その上でライフプランを実現するための原資である、役員報酬、役員退職金の金額から逆算して決めましょう。

 

リクス対策資金

 

中小企業の社長が死亡した場合、会社は危機的な状況になります。取引先を失うことによる売り上げの激減、幹部社員の退職、金融機関の貸しはがしなど。

 

多くの社長さんは、社長の死亡リスク備えて、保険料が割安な掛け捨ての生命保険に加入していますが、実際、退職するまでに死亡する確率は極めて低いと言わざるを得ません。

 

そうすると支払った保険料が全く無駄になってしまいます。

 

社長に相応しい保険は、損金性の保険で貯蓄ができる種類のものです。

 

そうすれば、死亡のリスクと退職金の原資の両方を準備できますので、支払った保険料が無駄になることはありません。

 

掛け捨ての大型定期保険に法人契約で加入している方は保険を見直すことをお勧めします。

 

まずはお気軽にご相談ください。

T&Rコンサルティング有限会社

問合せ (お気軽に)

お問合わせフォームをご利用ください。

 

業務内容

役員退職金準備の提案、節税アイデアの提供、年金、相続、 保険など会社や個人のお金全般についてのアドバイス。

 

顧問料

月額1万円~。

個別の相談は初回無料です。出張します。 

 

対象地域

首都圏近郊:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県 、(大阪)

 

 

お気軽にご相談ください