少人数私募債で資金調達するメリット

中小企業の資金調達の手段として注目されています。

少人数私募債とは

少人数の縁故者(親戚、社員、取引先など)を対象として発行する私的な社債です。

 

少人数私募債の発行のメリット

1.簡単に発行できる

 会社法上の会社であること、社債購入者に機関投資家が含まれないこと、購入依頼者の人数(購入者の人数ではありません)が49名以下であること、社債の1口の最低金額が発行総額の

 49分の1以下であることなどの発行条件を満たせば、無担保、無保証で社債を発行できま

 す。有価証券届出等の提出義務もなく、社債管理者の設置も、社債県の発行も不要です。

2.好利回り

 少人数私募債の金利は定期預金よりも高めですので、社債購入者にとり魅力ある金融商品で 

 す。

3.税務上の有利

 社債の利子は利子所得として20%の源泉分離課税で完了します。購入者の給与所得の大きさ

 にかかわらず利子所得税は20%です。

4.調達額全てを償還期限まで使うことができる。

5.会社の信用力がつく。

 

少人数私募債の発行のデメリット

発行者に信用力がないと誰も社債を購入してくれません。

 

資金調達以外の活用方法

1.従業員の福利厚生(金利)

2.取引先に購入してもらえば、取引先との関係強化につながる。

 

 

T&Rコンサルティング有限会社

問合せ (お気軽に)

お問合わせフォームをご利用ください。

 

業務内容

役員退職金準備の提案、節税アイデアの提供、年金、相続、 保険など会社や個人のお金全般についてのアドバイス。

 

顧問料

月額1万円~。

個別の相談は初回無料です。出張します。 

 

対象地域

首都圏近郊:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県 、(大阪)

 

 

お気軽にご相談ください